2017年03月03日

ひな祭り

3月3日(金)、今日はひな祭りです。
中ノ島は自分のためにケーキを買おうと朝から外出しましたが、
最寄のケーキ屋さんではどこも行列が出来ていました。


行列に並ぶのが嫌いな中ノ島ですが、
銀座コージーコーナーでひな祭りケーキを買ってきました。
可愛くて美味しそうです、並んでよかった♪
1488542242067.jpg
(ライくんもなんか嬉しそう(笑))



ただ、ライくんは食べれないのが心苦しい (。・ˇ_ˇ・。)スマン。。
食べたい.jpg


可哀想だったので、
ライくんには、以前作ったパンケーキをあげました。
(たくさん冷凍してあるので。。)



ちなみにうちの雛人形は、ミニチュアなペコちゃん人形を飾っています。
可愛いので気に入ってます。
1488540540496.jpg



とりあえず、ライくんにもひな祭り気分を味わってもらえたかな。
まぁ、ライくんは漢だけどね(笑)
オトコ.jpg



閲覧ありがとうございました。
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
ブログ村と人気ブログランキングに参加しています。
1ポチよろしくお願いしますm(_ _)m
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*




にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村


ブロトピ:今日のペット日記
posted by 中ノ島 at 23:06| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノミ・ダニ(マダニ)予防

今日は月に一度のノミ・ダニ(マダニ)予防をする日です。
ライくんはこの日があまり好きではありません。

「ライくん:また、この日がきたのか。。」
DSC_0594.JPG


動物病院で処方してもらったノミ・ダニ(マダニ)駆除薬の
「フロントラインプラス(※)」を使用します。
※後述しますのでよければ拝見ください。
DSC_0591.JPG


フロントラインプラスをライくんの首筋(肩甲骨の間)に
垂らして投与します。
DSC_0595.JPG


全量を投与します!
びゅー.jpg


投与部位は、独特の薬臭とベタつきがあります。
投与部位.jpg


投与後はご褒美をあげます。
(いつもながら良い食いつきです(笑))
DSC_0601.JPG


「はい、どうぞ♪」
ぱく.jpg

すごい勢いでおやつ持っていかれました(笑)

ちなみに、投与後のライくんはいつも
3、4時間の眠りにつきます。疲れちゃうんですかね。
gugoo.jpg


さて、いつもならここで終わりなのですが、
これからの時期、ノミ・ダニ(マダニ)が活性化してくるので(特に梅雨)、
中ノ島が無知なりに調べたことを書いていきます。



そんなの知ってるよ!って人には退屈かもしれないので
回り右して頂けると幸いです。
(あと、この先ライくんはでてきませんm(_ _)m)



この先、文字ばかりで長いので、、
1ぽちいただけるとうれしいです♪



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村


--☆--☆--☆--☆--☆(ここから、記事です)--☆--☆--☆--☆--☆

では、以下の流れで書いていきます。
  • 1.ノミ・ダニってそんなに怖いの?

  •   1-1.ノミの脅威
      1-2.ダニ(マダニ)の脅威

  • 2.じゃあどうやって予防するの?

  • 3.フロントラインプラスってどんな薬?

  • 4.中ノ島宣言







  • 1.ノミ・ダニってそんなに怖いの?





    a1180_013240.jpg


    ノミ・ダニの危険が犬や猫にとって有害な存在であることは中ノ島も知ってますが(血吸って、かゆくする嫌なやつ程度。。)
    具体的にどう危険なのか、ノミとダニに分けて書いていきます。
     




    1-1.ノミの脅威



    犬や猫がノミに刺されると、
    ①精神的ストレスと②様々な病気への感染リスクがあります。
     





    ①精神的ストレス
    刺された患部の激しいかゆみにより、精神的なストレスを負うことになります。
    人間でも蚊に刺されるとかゆくてイライラしますよね。
    おそらく同じ感じです(一緒にしていいのか。。)





    ②様々な病気への感染リスク
    「貧血、細菌の二次感染、サナダムシ、ノミアレルギー性皮膚炎、猫ヘモバルトネラ症」などの病気を引き起こす可能性があり、他のペットにうつす可能性もあります。
    症状の詳細は割愛しますが、生命の危険性は低いものの危険な病気です。





    また、犬や猫だけではなく、
    人間への被害も発生する可能性があります。




    人間がノミにさされると激しいかゆみがおこり、
    ひどい場合は水ぶくれのような状態となります。
    私事ですが、去年の夏場に足に水ぶくれができたのですが
    もしかしたらノミが原因なのかもしれない。。
     
     





    1-2.ダニ(マダニ)の脅威




    基本的にはノミと同様で犬、猫、および人間に
    精神的ストレス/様々な病気をもたらす危険性をもっています。


    ただ、マダニに関しては殺傷力が強く
    犬バベシア症という病気に犬が感染した場合、死に至ることもあります。


    また、人間においてもその殺傷力は健在で、
    日本紅斑熱、およびSFTS(重症熱性血小板減少症候群)という病気に人間が感染した場合、死に至ることもあります。












    2.じゃあどうやって予防するの?




    a1180_013241.jpg



    ノミとマダニで予防方法が異なるので分けて書きます。
    【ノミ】
     ・ブラッシングをする(特に散歩後)
     ・定期的にシャンプーする。
     ・予防薬を投与する。



    【マダニ】
     ・草むらに極力はいらない。
      (草むらに多く生息しているため)
     ・予防薬を投与する。




    あくまで予防なので100%感染を防げるものではありませんが、
    感染リスクが大きく下がります。




    なお、ノミやマダニを見つけた場合、
    絶対に潰したりせず、病院に行く!
    これ大事です、はい。



    潰すことで人間への感染リスクが発生するだけではなく、
    マダニをペットから取る時にペットの皮膚の中にマダニの突起の一部が残ってしまい、ひどい皮膚炎の原因になる可能性があるためです。







    3.フロントラインプラスってどんな薬?



    ここまで読んでくれた人にはノミ・マダニの怖さが伝わったと思います。
    中ノ島もビックリして手汗がひどいです。。




    さて、そこで予防薬としてライくんに使ったフロントラインプラスですが、
    成虫の駆除はもちろん、卵や幼虫の発育を阻止してくれます。
    また、効果が1ヶ月以上持続するのでその間は感染リスクをかなり抑えることができます。





    ちなみに、食べるタイプのノミ・ダニ(マダニ)駆除薬もあるみたいですので
    今度、試してみたいと思います。
    (わんちゃんの食いつきがいいみたいです)










    4.中ノ島宣言




    ノミ・ダニ(マダニ)は私たち人類およびペットにとって、
    身近な脅威なのではと感じました。




    中ノ島は犬の飼い主として、
    これからもしっかりノミ・ダニ(マダニ)対策をしていくことをここに宣言します




    ご閲覧ありがとうございました。



    ブロトピ:今日のペット日記




    posted by 中ノ島 at 01:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする